КОЙБАЛЬСКИЙ ЯЗЫК(コイバル語)

А. Кюннап
(Языки мира: Уральские языки. - М., 1993. - С. 389)

1. Название(言語名)

今は無いコイバル人の言語(以下、コイバル語)には名前の変種がない。現在のKojbal語はテュルク語族に属するKhakass語の方言のひとつである。

2. Локализация (для мертвых языков - время существования)(分布と存続時期)

コイバル語は19世紀前半(その話者が最終的にテュルク化した時期。一部はさらにロシア化した可能性もある)に消滅したため、この言語のかつての分布に関する情報は18世紀のものである。当時、コイバル語はサヤン山脈のアバカン川、トゥバ川、ケベシュ川、オヤ川、アミル川、カンダル川、シャダット川の流域に住んでおり、地理的にカン川やマナ川流域のカマス語の分布地域から分離されていたのである。

3. Генетическая принадлежность(系統的位置づけ)

ウラル語族サモエド語派に属する(伝統的な分類では、その南部亜群に属する)。コイバル語をカマス語の方言に過ぎないとする見解は、十分に立証されていると考えられる(「カマス語」の項参照)。カマス語に関しては、カマス語とコイバル語の語彙がほぼ同じであり、入手可能なまばらな資料に基づいても、音声・形態学上の重大な食い違いを追跡することは困難であるという事実に基づいて、方言であるという見解が示されている。発音にも違いが見られる;

Kam. Koib.
-i-
-i -e
š- s-
ž- z-
-r- -rr-
-l- -ll-
-b- -bb-
-g -gg-

どうやら、カマス人の一部とその言語が、いわゆるコイバルと呼ばれる土地に領土的に帰属することを根拠に、コイバル人、コイバル語と呼ばれていたようである。コイバル語の第一話者は非常に少数であったことがわかる。

4. Характер памятников; тип письменности(史料の位置づけ、表記法)

文字もなく、記念碑も残っていない。コイバル語は600以上の単語が記録されているが、文章や文法的な記述の記録はない。

5. Лингвистическая характеристика(言語学的特徴)、6. Сведения о диалектах(方言の分類)

必要な言語資料がないため(4. 参照)、コイバル語の文法構造およびその方言分割を記述することは不可能である。

Литература(参考文献)

Хелимский Е.А. Древнейшие венгерско-самодийские языковые параллели. Тарту. 1982.(https://inslav.ru/images/stories/pdf/1982_Xelimskij.pdf)
Joki A.J. Die lehnwörter des Sajansamojedischen. // Mémoire de la Société finno-ougrienne. 1952. 103.
Potapov L.P. Zum Problem der Herkunft und Ethnogenese der Koibalen und Motoren // Journal de la Société finno-ougrienne. 1957. 59. P. 1-30. (Здесь приводится "Словарь Языка Койбальского в 1806м Году Собранный Членом СПб. общества любителей наук, словесности и художеств Григорьем Спасским", содержащий свыше 600 слов.)

Edit
Pub: 05 Sep 2022 11:55 UTC
Views: 82