これから述べる碑文は、80年以上前から知られていたものである。1894年、カザン帝国大学の考古学・歴史学・民族学協会の代表として、G. アクマロフはカザン州の南東部で一連の考古学調査を実施しました。その調査の過程で、彼は新しいヴォルガ・ブルガリア語の文字を発見し、それを書き写しました。アシュマリンはマヌーセリプトの報告書を入手し、1902年に出版された著書『ボルガリー・イクヴァシー』にその資料を使用しています。アクマロフが発見した碑文の中には、アクマロフがタシュ・ビルギと呼んだタタール人の村にあった三つの碑文がある。アシュマリンは3つの文章のうち1つを次のように引用している。
アクマロフの翻訳です。
«Sud Bogu VsevySnemu, Velikomu. Syn Iljjasova Ismagilovasyna Muchammed. Milostj Bogaemu, milostj Sirokaja. God 760 . . . mesjaca . . .≫.
アシュマリンは、アクマロフの訳を訂正した。
«Sud (prinadlezit) Bogu Vsevy§nemu, Velikomu. Pamjatnik Muchammeda, syna Ismaila, syna Iljjasa, (Da budet) nad nim milostj Bozija milostjju Sirokogo. Poletoöisleniju 706 goda . . . mesjaca (prestavilsja'1.) . . .≫
原文に目を通すことなく、AshmarinはAchmarovの読みをいくつか訂正している。
また、アクマロフが8行目にجازثاと書いた単語は、テトゥイシの碑文の単語رثاを連想させるが、この単語を解読することはできず、最後の行は彼にとって全く意味のないままである2 アクマロフはその著書『ブルガリア語タリヒ』カザン1908年で、碑文を二度目の校正をしている。改訂されたテキストには、いくつかの修正が加えられている。
後述するように、Achmarovの「修正」はほとんどが間違っており、原文の再調査も行われずに行われた。
この碑文はアシュマリンの著書によって知られるようになり、後世の文献に引用された言葉もある。他の多くのケースと同様、間違った読み方が出版物ごとにさまよった。信頼できる印刷物や写真を入手することができなかったので、私はこの碑文を『ブルガリア碑文』第IV.3号の「非正規の碑文」の中に含めた。
1973年、私はチュヴァシ共和国とタタール共和国のヴォルガ・ブルガリア語(VB)碑文について調査する機会を得ました。カザンでは、ソビエト科学アカデミー・カザン支部の好意により、言語・文学・歴史研究所の文書館を利用することができた4。文書館では、G.V. Jusupovが作成したと思われる碑文の素晴らしい写真を発見した。カザンからモスクワに戻り、私は『Vostoka XXI』誌の最新号を手に入れた。そこには、早逝した優秀なタタール学者G.V. Jusupovが、1961年から1963年にかけてカザン研究所で行われた研究会で収集した碑文の数々を掲載している。
Jusupovは、AshmarinとAchmarovによって先に行われたことに言及することなく、上記の碑文をここに再掲載した。しかし、彼はAchmarovの読み方をいくつか引用している。Jusupovの編集は、以前のものよりも優れている。彼は村の名前をタタール語のRäjäbでTjazberdinoとし、Tas bilgeは墓地の名前であると付け加えている5。また、彼はこの碑文がこれまで知られている碑文の中でユニークなものを含んでいることを認識していた。彼はこう書いている。
«V posled nich strokach teksta ту vpervye sredi mnogich bulgarskich epitafij vstre бает drevnebulgarskuju frazu»,
が、彼はこう付け加えている。
«otdeljnye slova kotoroj ne BOV Bern ейбе ponjatny, poetomu perevod ее daetsja predpoloziteljno».
ジュウポフの出版物の主な欠陥は、彼が原著を出版しなかったため、彼の読みを確認したり検証したりすることができなかったことである。言語学者でないJueupovは、この重要な碑文について実質的に何らコメントをしていないので、ここでは言語学的な観点から評価することが目的である。アラビア語本文と訳文への注記では、私がジュスポフとは読み方、解釈、訳し方が異なる箇所を示している。

The text and its translation are as follows:

  1. al-hukmu li-l-lāhi-l-'aliyyi-l-kabiri
  2. Elyās awli Ismā'il
  3. awli Muhamad belüwī kü
  4. rahmatu-lāhi 'alayhi rahmatan
  5. wāsi'atan tārih-a ǰiyēti
  6. ǰur altïši ǰal dul-qa'da
  7. ayhi išne eči. čerimsen
  8. šiwne barsa velti
  9. The judgment belongs to God the Most High, the Great
  10. Elyās' son Ismā'il's
  11. son Muhamad's (sepulchral) monument (is) this.
  12. The mercy of God, be upon him with mercy
  13. abundant. According to history seven
  14. hundred sixth year in the dul-qa'da
  15. month (it) was. To the Čerimsen
  16. river having gone, (he) died.

awli:"彼の息子" < PT *oγul + i
belüwī:"彼の墓碑" < PT *belgü + i
kü:"ここ" *kü - *qu
ǰiyēti:"7" <PT *jēti
ǰur:"100" < PT *jüz
altïši:"6番目" < PT *altï
ǰal:"歳" < PT *yāš
ayxi:"その月" < PT *āy + x(VBの指示接辞)
išne:"の間に"
eči:コピュラの過去形
Jerimsen:"Čerimsen川"
šïwne:"その水中へ" < PT *sūv + ne
barsa:"行ってしまった" < PT *bar-
velti:"死んだ" < PT *öl-

-i:三人称単数所有接辞
-a:与格接辞
-ne:所有接辞の与格
-ši:序数接辞
-sa:副動詞接辞

Edit
Pub: 09 Sep 2022 04:11 UTC
Views: 88