Yassi語の形態論

名詞

Proto Uralic

ウラル祖語では
主格 *-∅対格 *-m、属格 *-n、処格 *-na / *-nä、奪格 *-ta / *-tä、方向格 *-ŋ
単数 *-∅-、双数 *-k-、複数 *-t-
というかんじ

Proto Yassi

この段階で文法範疇はほぼYassi語と同じで音変化だけ残しておけばいいはず。つまり2数(単数/複数)4格(主格/対格/奪格/属格)の体系を考える。
例:*áma"母" < PU *emä

主格 対格 奪格 属格
単数 áma ámam amáta ámak
複数 ámat amátam amátta amátak

ここで、PYでは後ろから偶数番目の音節にアクセントが来る。PY > Yでアクセントの有無が音変化に関わってくる

例:*írka"息子" < PU *irkä

主格 対格 奪格 属格
単数 írka írkam irkáta írkak
複数 írkat irkátam irkátta irkátak

関係ないけど属格の*-kってどこから生えたんだろうね

Yassi

母音変化として非強勢位置のa、ā弱化とかが入って様子が変わる。
例:am"母"

主格 対格 奪格 属格
単数 am am mal aməy
複数 aməl mal mat maləy

例:iṣ̌t"息子"

主格 対格 奪格 属格
単数 iṣ̌t iṣ̌t iṣ̌tal iṣ̌təy
複数 iṣ̌təl iṣ̌tal iṣ̌tat iṣ̌tləy

Q.対格語尾は?
A.鼻母音になってそのまま吹き飛んだっぽい

動詞

名詞はwikiにメモがあるけど動詞はなんもわからんので推測です
とりあえず直説法だけ考える

Proto Uralic

SG DU PL
1 -m -majn/-mäjn -mat/-mät
2 -n~-t -tajn/-täjn -tat/-tät
3 -∅ -kə -t

こんな感じのやつが再構されがち

Proto Yassi

名詞と同じように文法範疇はほぼYassi語と同じで音変化だけ残す
例:*pala"食べる" < PU *pala-

SG PL
1 *palámV *palámat
2 *palátV *palátat
3 *paláV *paláVt

後のことを考えるとV > ∅/_#、áV > eってなるVがいてほしい

Yassi

例:*par"食べる" 正直これがYassi語で残ってるかは微妙

SG PL
1 pram praməl
2 pral praləl
3 pre prel
Edit
Pub: 06 Mar 2022 14:04 UTC
Edit: 06 Mar 2022 14:05 UTC
Views: 104