Renyút Tsipkae
https://www.reddit.com/r/HistoricalWorldPowers/comments/ugm7kj/reny%C3%BAt_tsipkae/

概要

Renyut族は中央アジアの遊牧民文化であり、その起源は東部ウラル民族が中国に大移動した後、シベリアの森林やヒマラヤの孤立地帯に残されたウラル民族の狩猟採集民にある。Karsghirae族をはじめとする諸部族が拡大する中で、原初のRenyut族は様々なステップ民族と接触し、彼らは羊や馬の家畜化を持ち込んできた。これらの部族は遊牧民となり、700年から550年の間に様々な戦争や移動によって空いた草原に入り込むようになった。紀元前500年頃、Renyut族は大草原の北東に位置するイシク=クル湖とバルハシ湖の間の地域で支配的な文化として確立している。
Renyut族の分布する地域

社会組織

Renyut族の基本的な社会単位はpútøsiと呼ばれる大家族で、酋長のpútøsiの下にTsipkaeと呼ばれる共同体を形成している。Renyut族の権力構造は家父長制であり、男性の戦士長の下、家系は母系で、男性は最も強力で裕福なpútøsiと結婚するために競い合います。その結果、1つのTsipkaeでは家族間の絆が強く、従兄弟や兄弟が複数のPútøsiを率いていることが多く、耐久性があり、ほぼ永続的な社会構造となっています。複数のTsipkaeは、大規模な移動または襲撃のために、Taepと呼ばれる一過性の連合体を形成します。理論的には、TaepはTerenyút(文字通りRenyútを作る、または保存する場所、例えばキッチンはTenøunnè、nøunnèは調理すること)の概念である。Terenyútとは、Renyútの慣習法が適用される場所や人々、そしてその文化の慣習法、期待される義務、社会的モラルを総称する言葉である。しかし、Renyútは政治的リーダーシップよりも文化によって結束しており、放牧権をめぐるTsipkaeやTaep同士の争いや家畜の略奪は、人々の生活でよく見られることである。

Renyútの標準的なTsipkaeは、kûot(ユルト)の集合体で、羊の大群、馬の群れ、そして徴用動物として飼育された少数の牛やヤクが、夏は高地の牧場、冬は低地を行き来している。Renyút族の生業は羊と馬を中心としたもので、羊は長距離放牧と馬の防御に必要な機動力を提供し、乳製品(主にヨーグルトと馬乳酒)と羊肉を主食とし、狩猟、一部の穀物、野菜は限られた移動農耕と採集で補完される。Tsipkaeは、その季節に高地または低地に到着すると、通常、様々な伝統的な牧草地を計画的に移動し、一時的な輪作(この場合は草)を行い、大きな共同火床と食料保存のための建造物、儀式のための指定テントを中心に、一時的にクート村を構える。
一般的なkûot

文化

Renyútのライフスタイルは、馬を中心とした自然なものである。草原での生活に欠かせない乗馬や弓の使い方は、できるだけ幼い頃から教わる。幼少期から小型の弓で羊を狩ることもあるんですよ。[M:モンゴル人が実際にやっていたことです。可愛らしいほど恐ろしいことだ]
Renyút族の労働は性別で分けられており、男性は羊飼いや狩猟、偵察、キャンプの防衛に従事し、女性は羊毛紡績、料理、肉やミルクの保存など、常に必要な仕事をこなす。Renyútは自由民と奴隷以外に階級やカーストの区別を認めないが、一部の家族はより有力で社会的なリーダーシップを発揮している。厳しい実用的な技術以外では、演説と音楽が高く評価されている。歌は重要な技能であり、Renyútの少年の教育は乗馬、射撃、歌唱を学ぶことであると言われている。さらに、簡単な弦楽器や指による打楽器もある。また、詩作も一般的な娯楽であり、Nêr(Renyútsの神話の口伝)を記憶している年長者は非常に尊敬される。物質的な文化としては、ユルト、馬車、弓の他に、羊毛フェルトを使った複雑な織物細工が注目される。織物細工は、見栄えの良さだけでなく、酋長が自分のツィプカエで多くの家畜の群れと多くの人口を養うだけの富と権力を持っていることを示し、ステータスシンボルとして機能する。Renyútの服装は、ゆったりとしたズボン、長袖のコート、高いブーツが特徴で、鮮やかな色の袖のない長いマントを普段着と男性用の鎧の上に着用している。Renyútは金属を加工し、特に特徴的な大釜を作るが、遊牧民のライフスタイルでは大量の金属を生産することができないため、鉄や青銅の道具や装飾品が非常に珍重される。Renyút語は独特の外来語で、サモエド語と音素を共有していることから、東ウラル語族と関係があると推測されている。複雑な母音と比較的単純な子音の組み合わせと、文法的な格の多さが特徴です。Renyút語は 12 進法、VSO 法の語順である。Renyút語の命名規則は、父親の名前の第二音節、母親の名前の第二音節、そして最後にユニークな音節からなる3音節の単称で構成されています。

Renyútの宗教はアニミズム的で、祖先や神話上の人物、自然の力の霊を鎮めるための小さな儀式や、神託の習慣が定期的に行われています。神話上の人物の中で特に注目すべきは、トリックスター、狩人、戦士であり、最初のRenyútを生んだという伝承のある偉大な[雪]豹、Ymortaである。

Edit
Pub: 11 Jun 2022 15:45 UTC
Views: 108