Źlajar Sami語概説

音韻

音素目録は以下の通り

子音 Bilabial Dental Alveolar Palatal(ized) Velar
stop(sami) p/pp t/tt c/cc ć/ćć k/kk
stop(volapuk) b d g
nasal m/mm n/nn ń/ńń ŋ/ŋŋ
fricatives(sami) δ s/ss ś/śś
fricatives(volapuk) f, v ź h
approximants w/ww l/ll j/jj
trill r/rr
短母音 front front-rounded back back-rounded
close i ü u
mid e ö ë[ɤ] o
open ä a
長母音 front back
close-mid ie uo
mid ē ō
open-mid ea oa
open ā

強勢

第一強勢が第一音節に、第二強勢が語末を除く奇数番目の音節に置かれる。つまり以下の通り(Pは第一強勢、Sは第2強勢)
P
P _ P _
P _ S _ P _ S _

P _ S _ S _

子音階梯

母音間の子音には長短による子音階梯が導入される。
強勢の後に来る子音で後ろが開音節ならば強形、それ以外は弱形である。

形態論

名詞の曲用はサーミ語、語の派生と動詞の活用はヴォラピュクに由来する

名詞

名詞句は形態論・統語論的には完全にサーミ語である。サーミ語の最も重要な文法範疇である数・格・所有が保存されており、接尾辞で標示される。

単数 複数
主格 -k
対格 -m -jtē
分格 -tē -jtē
属格 -n -j
様格 -nē -jnē
内格 -snē -jnē
出格 -stē -jstē
入格 -s̯ën -jtēs̯ën
共格 -jnē -j (+ kuojmē)
欠格 -ptāk̯ëk

所有

Singular Dual Plural
Nominative 1st -më -mën -mēk
2nd -të -tën -tēk
3rd -sē -sēn -sēk
Accusative 1st -më -mën -mēk
2nd -mtë -mtën -mtēk
3rd -msē -msēn -msēk
Oblique 1st -në -nën -nēk
2nd -ntë -ntën -ntēk
3rd -ssē -ssēn -ssēk

代名詞

代名詞はサーミ語、ヴォラピュクそれぞれのものがあるが、機能が異なっている。ヴォラピュクから派生した代名詞は主語として使用され、サーミ語から派生した代名詞は直接目的語として使用される。

指示語

指示語はサーミ語、ヴォラピュクいずれのものも用いられる。

形容詞

形容詞は別個の品詞をなさない。限定用法にあたるものは修飾する名詞と同じ形態をとるサーミ語由来のものが、叙述用法にあたるものは動詞として振る舞うヴォラピュク由来のものが用いられる。

動詞

動詞は時制・アスペクト・ムードを接辞を用いて表すヴォラピュク由来の膠着語的な変化をする。

能動態は無標、受動態はp-

時制

下の表のとおり

現在 過去 現在完了 過去完了 未来 未来完了
ä- e- i- o- u-

習慣相の標示として時制接辞の後に-i-が挿入される

人称

以下の通り。

1.sg. 2.sg. 3.sg. 1.pl. 2.pl. 3.pl.
-ob -ol -om -obs -ols -oms

直説法は無標。その他は以下の通り。

不定 命令 祈願 指令 可能
-ön -öd -ös -öz -öx

また仮定については、条件節を小辞la, 帰結節を接続法-övで表す。

分詞・動形容詞

分詞は法接辞の代わりに-öl、動形容詞は時制接辞の代わりにö-で表す。

数詞

1-10の単純な数詞はサーミ語、ヴォラピュクいずれのものも用いられるが、2語以上で構成される複雑な形式はすべてヴォラピュク由来のものである。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
sami ëktë kuoktē kuoktē nealjē vittë kuttë čiečëm kākcē ëkcē ëkcē
volapuk bal tel kil fol lul mäl vel jöl zül deg degbal

疑問詞

疑問詞はサーミ語、ヴォラピュクいずれのものも用いられる。

前置詞と後置詞

サーミ語由来の後置詞とヴォラピュク由来の前置詞、いずれのものも用いられる。

副詞

時間・程度・量を表す副詞はヴォラピュク由来のものが多く用いられる。

語の派生

語の派生に用いられる接辞はほとんどがヴォラピュクに由来する。この中には品詞転換接尾辞も含まれる。

統語

文の順序はヴォラピュクのそれと同じ(SVO)である。

例文

Tuontërsnē
Suojnul ibeigolos. Stom ähitos. Ed poacōjk äkädedoms tuontërsën. Täno belamenk iprotävoms ad mäkön miesējtē.
Tio kilmilk poacōjk ebinoms us. Eal äzürönom su tuontërm, āltōk ävestigofs miesēmsēk, ed peanëkk ästöpon kädedönëmsēk poacōjj.
Lätiküno, eakkēntēk äkömon. Stom äkoldos, ed eal pemosumom tuontërstē.

語彙

日本語 Źlajar Sami語
「7月」 suojnul
「過ぎる」 beigolön
「天候」 stom
「暑い」 hitik
「トナカイ」 poacōj
「集まる」 kädedön
「そのとき」 täno
「出向く」 protävön
「山地ラッブ人」 belamen
「トナカイの仔」. miesē
「印をつける」 mäkön
「そこで」 us
「約」 tio
「(トナカイの)群」 eal
「走り回わる」 zürönön
「三千」 kilmil
「上に」 su
「メスのトナカイ」 āltō
「探す」 vestigön
「彼等の」 -msēk
「犬」 peanëk
「とめる」 stöpön
「集まり」 käded
「最後に」 lätiküno
「来る」 kömön
「晩」 eakkēntē
「寒くなる」 koldön
「立ち去らせる」 mosumön
「高原」 tuontër

高原で
7月が過ぎていた。天候は暑かった。そして,トナカイは高原に集った。
その時山地ラッブ人はみなトナカイの仔(の耳)に(所有者の)印をつけるためにやって来た。そこには約三千頭のトナカイがいた。トナカイの群は高原の上を走り回わり,メスのトナカイは自分の仔を探し,犬はトナカイが群れるのを止めた。ついにタ方になった。天候は寒くなってきた。そして,トナカイの群は高原から連れ去られた。

次-> https://rentry.co/53whw

Edit
Pub: 03 Feb 2022 08:31 UTC
Edit: 07 Feb 2022 16:44 UTC
Views: 955