chatGPTと一緒に人工言語を作ろう

前振り

  • 概要
    • 山岳アルタイ語(ざんがくこいばるご)は、西シベリア、モンゴル、カザフスタンにまたがるアルタイ山脈の南側に分布する言語です。山岳アルタイ人の言語は、ウラル語族サモエード語派に属し、トゥクト語族の言語との接触により成立しました。そのため、山岳アルタイ人の言語は、トゥクト語族やウラル語族の特徴を受け継ぎながら、独自の構造や特徴を持っています。
  • 語彙
    • 山岳アルタイ語の語彙には、「山」を表す「tenpina」や「平原」を表す「turan」、「川」を表す「sula」、「湖」を表す「kasus」、「沼地」を表す「karaka」、「谷」を表す「kima」、「峡谷」を表す「oak」、「山脈」を表す「kinma」、「小山」を表す「sus」、「山頂」を表す「tenka」、「神」を表す「chaaday」、「山」を表す「Tamar」、「水」を表す「Tod」、「雷」を表す「Xovuu」、「火」を表す「Garaa」、「空」を表す「Tuulan」、「獣」を表す「Tas」、「農業」を表す「Nom」、「死」を表す「Morin」、「愛」を表す「Chono」、「シカ」を表す「qazaq」、「クマ」を表す「mux」、「リス」を表す「qara」、「キツネ」を表す「qayiq」、「ヒグマ」を表す「uigar」などがあります。

一次出力

りんご文(https://conlinguistics.fandom.com/ja/wiki/%E3%82%8A%E3%82%93%E3%81%94%E6%96%87)を一個ずつ聞いて文章と解説を出力させた

例文

Minik tapikka mannan.「私はりんごを食べる」
Minik mannan tapit.「私はりんごを食べた」
Ochir mannan tapikka.「彼はりんごを食べている」
Ochigi mannan tapit angikka.「彼女はりんごを食べ終わっている」
Ochigi mannan tapit angit.「彼女はりんごを食べ終わっていた」
Minik qonima mannan tapit artik.「私の妻はりんごを食べたことがある」
Minik qonima mannan tapikka kün.「私の妻はりんごを毎日食べる」
Minikten qonimaten kekte mannan tapiktik.「私と私の妻は昨日りんごを食べた」
Ochikten mannan tapikka kechke.「彼らは明日りんごを食べる」
Ochikten altı künökke mannan tapikka.「彼らは6日後にりんごを食べる」

単語

minik「私」(代名詞)
ochir「彼」(代名詞)
ochigi「彼女」(代名詞)
tapikka「食べる」(動詞)、進行形
tapit「食べる」を表す動詞tapikkaの過去形
mannan「りんご」(名詞)
angikka「~し終わる」(助動詞)
artikka「~したことがある」(助動詞)
qonima「妻」(名詞)
kün「毎日」(副詞)
kekte「昨日」(副詞)
kechke「明日」(副詞)
altı「6」(数詞)
künökke「日後」(副詞)

解説部分

山岳アルタイ語では、動詞が文末に置かれることが多い。
山岳アルタイ語では、進行形の動詞は「-ikka」または「-nga」を文末に付けることで作られます。例えば、「tapikka」は「tapit」(「食べる」の原形の動詞)に「-ikka」を付けたもので、「食べている」という意味を表します。
山岳アルタイ語では、「毎日」を表す副詞は「kün」または「ökümöt」を使います。例えば、「私の妻はりんごを毎日食べる」という意味は、「Minik qonima mannan tapikka kün」と言ったように、「kün」を文末に置くことで表されます。
山岳アルタイ語では、「昨日」を表す副詞は「kekte」または「arikte」を使います。例えば、「私と私の妻は昨日りんごを食べた」という意味は、「Minikten qonimaten kekte mannan tapiktik」と言ったように、「kekte」を文末に置くことで表されます。
山岳アルタイ語では、「明日」を表す副詞は「kechke」または「erkekte」を使います。例えば、「彼らは明日りんごを食べる」という意味は、「Ochikten mannan tapikka kechke」と言ったように、「kechke」を文末に置くことで表されます。
山岳アルタイ語では、「日後」を表す副詞は「künökke」または「ögümökke」を使います。例えば、「彼らは6日後にりんごを食べる」という意味は、「Ochikten altı künökke mannan tapikka」と言ったように、「künökke」を文末に置くことで表されます。

感想

途中からトルコ語が強くなってるので整形していく必要がある
https://rentry.co/suc74
https://rentry.co/etppc

整形

音韻

子音

歯茎 口蓋 軟口蓋
p/b t/d k,q/g/kw,qw/gw
m n ń ŋ
f/v s/z š/ž x/γ
č/ǰ qx
w r/l,l j

δ > j
語頭j- > d'-
語頭j- > ń-/単語の後半にn、ŋ、mがあるときに逆行同化を起こす

語頭のl-やr-は不可能であり、借用語や外来語に現れる場合は、通常、補母音を要求する。
接尾語頭のm-でm/bの交代が現れる。母音,流音,いくつかの破裂音の後に接尾語が続く場合見られる。

母音間のγ/gが消失し、両母音の縮約が起こる

語末-γ/-gが消失する
まず先行する母音が引き起こす口唇化によって口唇摩擦音に変化して、元の語末が消失し、先行していた母音が長くなった。
eの後では、この唇音化は行われない。

語頭のq-はx-に移行する傾向があり、qx-のようにq-が添加されたx-として終始明確にされている
qは後舌母音の周囲で見られる/k/の異音

母音間では有声子音または無声重子音のみが許容される。
音素としては有声子音と無声子音は同じ音素で、条件異音に過ぎない

子音の音位転換(もちろん、ここではほとんど2子音の場合に限られる)
-pq-/-pk- > - qp-/-kp-
-γl- > -lγ-

流音と流音、流音と歯音がすぐ近くにある場合、必ず同化。

母音

後舌円唇 後舌非円唇 前舌円唇 前舌非円唇
u ü i
o a ö e

これに長短付けばいい

  • 円唇調和
    • 単語の最後の音節では、o/öの後であろうとu/üの後であろうと、非円唇母音が全体的に見られる。
    • 最後の音節では円唇母音を避け、もしその母音が絶対的に最後の位置にあったとしても、決して円唇調和をとってはならない
  • 円唇誘引:子音の円唇化
    • 円唇誘引は口蓋系列でのみ起こる。
    • 円唇誘引はo/öの後に規則的に現れ、üの後にも散発的に現れるが、uの後には決して現れない。円唇誘引が起こらないこともある
    • 起こる場合は2音節以上に及ぶことはほとんどなく、語末の母音、時には最後の音節さえも避けることができる。

語彙

前振りに入ってる語彙はどうせ全部基層由来だからそのままでいいよ
mini「私」(代名詞)
< PU *minä。

sg.(< PU *minä) pl.(< PU me)
nom. mini me
gen. minik mek
acc. minin men

ochir「彼」(代名詞)
ochigi「彼女」(代名詞)
語源不明、どうせ基層語由来。男女同形でočiriにしよう

sg. pl.
nom. očiri očirit
gen. očirik očirij
acc. očirin očirit

tapıkka「食べる」(動詞)
語幹のtapı-は語源不明、どうせ基層語由来。Toch. Aにこじつけてもいい
-kkaは1Sg.のVx(cf. セリクプ語で-ŋ/-k)
-t-が過去時制

mana「りんご」(名詞)
イラン系の借用語でFin. omenaと同源。

sg. pl.
nom. mana manat
gen. manak manaj
acc. manan manatan

aŋıkka「~し終わる」(助動詞)
aŋı-は語源不明

artıkka「~したことがある」(助動詞)
artı-は語源不明

qxonuma「妻」(名詞)
語源不明

küńüna「毎日」(副詞)
kün「日」の複数通格

kektekän「昨日」(副詞)
kekte「昨日」の単数所格

kečkekän「明日」(副詞)
kečke「明日」の単数所格

küńökke「日後」(副詞)
kün「日」の複数属格 + ökke「後」(後置詞)

altı「6」(数詞)
数詞の6にもなると借用語だろ

Edit
Pub: 06 Dec 2022 15:33 UTC
Edit: 11 Dec 2022 00:59 UTC
Views: 87